So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ダンスリサイタル [子供]

ぴょんちゃんが習っているダンス教室リサイタルがありました。
バレエ、タップダンス、ジャズダンス、ヒップホップ、といろんなクラスがあって、
ぴょんちゃんはヒップホップを習っています。
今年の発表会のテーマは"NY"。
ぴょんちゃんのクラスのダンステーマはSubway。
衣装もばっちりきめて、張り切っておどってました。

母も、シャペロンとして、子供たちに付き添いました。

それにしても、と思います。
ぴょんちゃんはもう11歳。6th grade。
小さい頃からダンスやバレエの発表会で、母も張り切って参加していたけれど、
ぴょんちゃんの発表会が「ママとぴょんちゃんの発表会」から
「ぴょんちゃんの発表会」
になってきたなあ、、、なんて実感しました。

もうママの助けはいらないもんね。

おおきくなってきたんだねえ、なんて。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

英語ブログを始めることにしました。 [英語]

最近思い立って、いろいろ今更ながらに英語勉強を始めました。
ささやかなものですが、
学んだこと、気がついたこと、などなど
英語に関する話題を忘備録的に、ブログにしようと思います。

ぜひこちらから読んでくださいまし。

http://girlmeetsenglish.blog.so-net.ne.jp/


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

英作文のフルーツフルイングリッシュ [英語]

ここ数年グラントばかり書いていた私ですが、
グラントはかけるものの、基本となる英文法、とくに前置詞や冠詞などが、まだすこしあやふやだなあと思い、こういうのはとにかく書く練習が大事?!ということで

「英作文のフルーツフルイングリッシュ」なるものを始めてみました。

http://www.fruitfulenglish.com/cgi-bin/affiliate/af.cgi?314678

英作文のフルーツフルイングリッシュ


チケット制の英作文添削なのですが、
とりあえず、無料E-mailメルマガだけでも、結構まいにち楽しく読めます。
無料英文テストも、思いの外満点がとれない。なぜだ??みたいな。


英作文、ちょっときになる方は、無料メルマガをとってみるのもいいかもしれません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりの更新 [ひとりごと]

今日は2015年2月21日。
2年ぶりのブログ更新です。

アメリカに来てもう10年目。
ぴょんちゃんはもう11歳になりました。
ミドルスクールです。
時の経つのは早いものです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ふりむけばねこがいる [日常]

うちのネコたちは、二階にある書斎が大好きです。
わたしのラップトップと仕事机が置いてあるのですが、
机に向かっていて、
ふと振り向くと、

ねこがいます。

いまもいつのまにやら、ネコが二匹、
のた〜、
と寝ています。

ねこって、言う事は聞かないけど、
なんとなくそばにいる感じが、いいよね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なんと! [ひとりごと]

気がついたら、今日は2013年の2月14日。
バレンタインデーですが、それよりびっくりしたのは、
前回の記事は2011年10月!!!
ということは、2012年は一度も記事を書かなかったという事ですね。
なんと!びっくり!筆無精にもほどがあります。


今日はパパがガドーショコラを焼いてくれました。
おいしい〜!!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Camp! [日常]

10月のはじめ、お友達の家族と一緒にキャンプに行ってきました!
ぴょんちゃんは、はじめてのキャンプ、はじめてのテントです。

キャンプ場といっても、さすがアメリカ(?)
電源があって、延長コードで電気が使えます。
日本でキャンプに子どもの頃行った時は、そんなんなかったけど、
今の日本ではあるんでしょうか?

ハイキングに行って、テントを張って、
ご飯を作って食べて。

わたしとしても、久し振りのキャンプ、久し振りの完全オフライン。

やっぱりいいですね〜。

寝袋も結構ちゃんとしたのを買ったので、あったかい!というよりちょっと暑いし。

夜は家にある安い望遠鏡を持ってきて星を見ました。
すばるとかみえました。

また、暖かくなったら行きたいものです。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まいごのお知らせです。 [子供]

ぴょんちゃんは、アメリカの週末にある日本人学校の小学2年生です。
今国語では「ともこさんはどこかな?」をやっています。
まいごのアナウンスをよく聞いて、大事な情報をしっかりつかむ、という学習をしています。
そして、今度は教科書の絵を見て、まいごを決めて、
そのまいごの子供の服の色とか、持っているものとかを伝える練習をします。

我が家では親子で一緒に、それぞれが作ったアナウンスを聞いて、
どの子をまいごに設定したか、当てっこしています。

「まいごのおしらせです。
やまだ はなこさんという4歳の女の子がまいごになっています。
はなこさんは赤いスカートをはいて、白い帽子をかぶり、
くまぬいぐるみをもっています。
みかけたかたは、かかりまでおしらせください。」

というかんじです。


さてさて、ぴょんちゃん、よろこんでアナウンスします。

「まいごのお知らせです。やまだ はなこさんという4歳の女の子がなくなりました。」

え?!なくなった?

私「ぴょんちゃん、ちょっとまって。なくなったんじゃなくて、まいごになりました、でしょ」
ぴょんちゃん「あ、そうか、そうだね〜。」


そうか、英語だと迷子はmissingで、それでmissingは”ものをなくす”という意味もあるもんねえ、、、。だけど日本語で”なくなりました”はまずいねえ。。。

けど結構わらえます。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ねこがしゃべった! [日常]

ななな、なんと

先日うちのねこ、ふらっぽん(正式名称Fluffuers)がしゃべりました!!!

夕食の後、あとかたずけとかしながら親子でまったりとおしゃべりしてダイニングにいた時のことです。

「はにゅはにゅふにゃふにゃ」

という赤ちゃんの難語のような声がとつぜん聞こえました。
ダイニングから裏庭ににつづく引き戸があけてあったので、
近所のあかちゃんがよちよちとうちの裏庭にはいってきちゃったのかしら??

と、思いきや、だれもいません。
するとまた

「はにゃはにゃあうあう」

パパ「ぴょんちゃん、いましゃべった?」
ママ「ちょっとねこなんじゃないの?」
ぴょんちゃん「あたししゃべってないよ」

みるとダイニングテーブルの下でふらっぽんが
「はにゃはにゃはにゃ〜」といって、
おえっ、おえっ、ってえづいています。

ふらっぽんは毛が長いので、ときどき毛玉をはくのですが、
こんな声を出したのははじめてです。

そして、ふらっぽんは、おえ、っと少量の胃液をはくと、
またそれをごっくんと飲み込んでしまいました。

吐くと私が怒るの、わかってるのかなあ?
そして、なんだかばつが悪そうに、隣のお部屋のテーブルの下でへこんでいるふらっぽんなのでした。


「をを〜〜〜!!!いまふらっぽんがしゃべったんだよね!」
「すごいすごい〜!」
子供の声みたいだったね!赤ちゃんみたいだったね!」

と我が家は色めき立ちました。
ほんとに人間の声みたいでした。

ふらっぽんとしては
「吐いちゃうよ〜吐いちゃうよ〜」

って言ってたのかな?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大叔母さんの死 [ひとりごと]

わたしには、大事な大叔母さんがいた。
http://kyouteniiretamono.blog.so-net.ne.jp/2006-07-28

小さい頃からいつも無条件にかわいがってくれて、
洋服もいっぱい縫ってもらったし、買ってもらったし、
旅行にもつれていってもらって、美味しいものもいっぱい食べさせてもらった。

その大叔母さんが亡くなった。
87歳。
介護が必要になって、介護施設に入っていたのだけど、食事中にごはんをのどにつめたのだって。


わたしはアメリカにいて、
たまたまその一週間後学会で帰国予定にしていて、
でも、その日いそいでもお通夜お葬式も間に合わなくて、

予定通り大叔母さんが亡くなって一週間後に帰国した。

大叔母さんには子どもがいなくて、ずっと特別にかわいがってもらっていて、最近は介護を引き受けていた、姪であるわたしの母が喪主となった。

わたしは帰国して、実家にかざってある大叔母の写真を拝んだ。

ほんとうにね、大叔母さんはわたしのことをずっとかわいがってくれた。
小さい頃の私の様子、いつもおなじ話をした。
きれいなカッコウをしてなさい、
おいしいものをたんとお食べ、
なんでもほしいものをいいなさい、

大叔母さんの顔が浮かんでくる。声が聞こえてくる。

大叔母さんからうけた愛情が、あふれてくる。

ひとに、こうやって無条件に愛情を注ぐ事。
亡くなるときに、こうやって思い出されるものなのか。

「わたしの人生はつくしてばっかりよ」

とよく言ってたね。


「でも楽しいからいいじゃない。お金なんて、生きている間にぱあっと使って、
何も残さないでばっと死んじゃうのよ」

とも言ってたね。

帰国したとき会えるのを楽しみにしていたのに。

もう、87歳なのに。
死んじゃっても仕方ない年なのに。
大叔母さんの死は私を泣かせます。

大叔母さんなくして、わたしの人生はなかったくらいお世話になりました。

もう、大叔母さんはいないのだ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。