So-net無料ブログ作成

いま会いにいきます [ひとりごと]

いま、会いにゆきます スタンダード・エディション

いま、会いにゆきます スタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2005/06/24
  • メディア: DVD

いまさらながらに、「いま会い、、、」見ました。泣きました。
「セカチュウ」は小説を読んでから、映画のDVDを見たのですが、
こっちは小説よまずに映画のDVDをみました。
ちょっと時代遅れですが、なにせ、流行していると、ちょっと遠ざかっちゃう性格なもんで。

でも、実は私、映画の予告編をみただけで、涙ぐんでいました。
妊娠、出産してから、もともと涙もろいところに、拍車がかかって、
子供とかのかわいそうな事件とかお話とか、すぐにきてしまいます。
この映画の、子供を残してママが死んじゃう、その設定の時点ですでに泣いてます、私。

で、この映画、とにかくはじめから最後までうるうるしまくりの私でした。
ほんとに純愛の話だなー、死んじゃったから純愛なんだよなー、なんて思いながらも、
子供が「ママー」と走るだけで、もう涙、涙。
これは男のひとにはわからないんじゃないかなあ。
この映画、もちろん高校生や若い世代にも受けると思うのだけど、
小さい子供を持ったママは、もう涙なしには見られません。

ちなみに竹内結子ちゃんはすきな女優さんですが、
いいですねー。今回も、きらきらひかってますね。
いままでの映画、ドラマのなかでも、いちばんきれいに見えたような気がしたのは、
中村獅童とほんとに恋愛関係にあったからなのでしょうか?
竹内結子ちゃんは、でも、とにかく泣く演技がうまい。
ほんとに悲しい演技が上手なんだよねー。

映画の話に戻ると、
主人公の20歳の澪(竹内)は、自分がこれから巧(中村)に会いにいくと、
28歳で子供を残して、自分が死んでしまう事を、知ってしまう。
それでも、巧に会いにいく。
ほんとうに好きだから。

泣けます。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 5

篠原

お久しぶり。山口の掲示板以来です。すっかり嫌われたと思っていました。まあ冗談だが。アメリカ留学、良い、医者になっていそうだね。四日市社会保険病院の女医さんを取材したときに、その人が君の後輩で懐かしくおもった。よき伴侶とお子様に囲まれて幸せそうだね

確かに、この映画の竹内の絶妙な表情、夫のことを、事務所の女性に頼むときのアニュイな感情の露出は、すごく良かった。撮影が僕の死んだ祖父の家の近くばかりだったので身近に感じたこともあるが、封切すぐに一人で見にいった。芝居は、やめたが、僕はずっと演劇人であるし、このままかわることはない。

互いに、道を進もう。
by 篠原 (2006-06-02 00:33) 

YANASE

久しぶりですね。大学時代お世話になりましたyanaseです。私も今海外で教壇に立っています。一児の母になられたのですね。
またちょくちょくのぞきに来ます(メルアド教えていただければ私の職場のURLお教えします)
by YANASE (2006-06-02 02:48) 

pyonkichi

しのさん、お久しぶりですー。書き込みありがとうございます。

>すっかり嫌われたと思っていました。

なんででしょう?あの掲示板にはふらーとのぞいては、忙しくてばたばたしているうちに、いつのまにやら月日がたっていました。

私も演劇からはずっと遠ざかっていますが、
結婚してからも数本芝居は見に行ったりしていました。
いまも、いつか自分が芝居やるチャンスがないかなと、
思っています。まじで。
わたしの演劇人生はすごく短かったので、
なんだかまだやり足らない気持ちをずっともったままなのです。

いつか、またやりましょう。

誠さんとかたかちゃんとかはどうしてんのかな?
by pyonkichi (2006-06-03 11:12) 

pyonkichi

やなちゃん、おひさしぶりー。書き込みありがとー。
ええー、海外で教壇ってすごいね。どこよどこ?
おせーておせーて。

またコメント書いてね。
by pyonkichi (2006-06-03 11:14) 

yanase

先ほどメール出しました。メルアド消していただいて結構です。
私が今いるのは台湾です。来て3年目になります。
by yanase (2006-06-03 12:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。