So-net無料ブログ作成

国は医療をつぶしたいのか? [医療]

診療報酬引き下げへ=来年度予算で財務省方針
10月31日3時0分配信 時事通信

 財務省は30日、2008年度の予算編成で、医師の給与などとして医療機関に支払う診療報酬を削減する方針を固めた。医療機関側は厳しい現場の実態を挙げて増額を求めているが、同省は「医師の給与は依然高く、業務の合理化余地はある」と判断した。薬価部分を含め3.16%となった前回並みの削減幅を念頭に、厚生労働省や与党と調整に入る。
 財務省によると、06年度の医療費は33兆円。このうち国・地方の公費負担は11.2兆円と、3分の1を占める。制度改正を行わなければ、高齢化に伴い医療費は毎年3〜4%増え続け、25年度には56兆円に膨らむ見込みだ。 

ーーーーーーーーーーーーーーー

これ、読んだ瞬間、心が萎えていくのがはっきりとわかりました。

診療報酬=医者の給料   ではない!
医師の給与は依然高く?
10年目の医師として、大学病院での年収は300万円でしたが?

アメリカにいながら、こんなに心が冷めていきます。
もう、日本に帰るのはやめようか?
日本で医者をするメリットってなんだろう?

朝から夜中まで一日15時間働くのは、あたりまえだったし、
夜の時間外手当はないし、
病院に行かない日などなかった。
患者さんが元気になるのが嬉しかった。
たとえ時給がマクドナルドでも、医師としての仕事に誇りを持っていた。

いまの医療費がこんなに格安なのは、
医者がほとんどただ同然で働いているからなのに。

夜間診療はコンビニと化し、
権利意識ばかりが肥大し、
マスコミの医療バッシングの後を絶たず、

国までもが、医者をさらに削ろうとするのか?

産婦人科医はその激務のあまり、どんどんやめていき、いまや絶滅状態。
3日連日当直が普通にあるという。3日連続ですよ?
寝ていたらいい当直とは違うんですよ?
そのうち「自宅分娩」が普通になり、お産を自力でしなくてはならないときがくるかもしれない。

小児科医も麻酔科医も外科医もどんどん足りなくなってきている。
内科の友達も、どんどん仲間がやめていっていると、言っていた。

ああ、もうやめだやめだ。
日本で医者するのなんかやめだ。
もう、そのうち誰もいなくなるよ。

人にお金をかけること。
これこそがいまの日本にかけていることだ。
人材に投資する。医療に十分な資源(医師、看護士、パラメディカル)を用意する。
それこそが必要なことなのに。
そして、その資源(人材)はすぐには手に入らないのに。

いいかげん、医師の良心にたよって、医者を奴隷扱いするのはやめてほしい、

心から思う。

アメリカ人はただで働いたりは決してしない。
日本人医師はただ働き同然で、高い医療の質と、重大な責任を背負わされている。
そして、それは誰にも評価されない。
患者さんからは、病気はなおってあたりまえ、なおらなかったら医師のミスだと決め付けられる。

ああ、こんなアメリカにいながら、
医者をやめたくなったのは初めてだ。
いま現場の医療をしていないにもかかわらず、
この国の発言は、
ほんとうに心折れる。

わたしは日本の医療現場に帰るときがあるだろうか?

*****

たぶん、これからの優秀な医学生は、アメリカにわたって、こちらで医者になるものが増えるだろう。
日本で奴隷医師をしているより、アメリカで英語に苦労しながらでも医師をやるほうが、
人生はずっと自分のものになると思う。





nice!(1)  コメント(19)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 19

skyteam

 そう思います・・・もう若い人たちは英語を勉強したり、違うビジネスへいくなど考えていると思います。自分も若ければ・・・と思ってしまいます。
by skyteam (2007-11-15 18:12) 

Delsole@顕微鏡屋さん

大変ご無沙汰致しております、お元気ですか?

コメントはさせて頂いておりませんが、いつも現代医療についての問題点について興味深く拝見させて頂いております。
私のような素人にはコメントすることすらおこがましいと控えておりましたが、今回だけは私も書き込みせずにいられませんでした…

>>人にお金をかけること。
>>これこそがいまの日本にかけていることだ。

これこそ、今日本が抱えている最大の問題点ではないでしょうか?
人が何かをしてくれるというコトに対する当たり前の尊敬が失われています。

真面目に何かを必死になって、ようやく手にする僅かなお金。
パソコンの前でちょこちょこっとクリックするだけで得られる莫大なお金。
一体、世の中ってなんなんでしょうか?
最近本当にバカらしくなることが多過ぎます。

この国はどこに向かっているのでしょうか?
莫大な借金、減り続ける人口、消え去るモラル。
日本人ってもっと素晴らしいって私は信じていたのですが…

寂しさばかりが募る今日この頃でございます。
by Delsole@顕微鏡屋さん (2007-11-16 13:22) 

pyonkichi

skyteamさま
コメント&ニュースリンクありがとうございます。
イリノイ州の判決はたいへんですね。医師の法的保護は州によって大きな違いがあり、医師保険の金額にも多大な影響をおよぼしているようですね。私の住む州では、医師がそういう意味で守られているので、わざわざこの州に移り住む医師も多いようです。
隣の州だと、医師保険が年に数万ドルもするとかいう噂も聞きました。
by pyonkichi (2007-11-17 16:09) 

pyonkichi

顕微鏡屋さん、おひさしぶりですー。
我が家は相変わらず元気ですよ!そちらはみなやんちゃ度いっぱいですか?
>>人にお金をかけること。
>>これこそがいまの日本にかけていることだ。

>これこそ、今日本が抱えている最大の問題点ではないでしょうか?人が何かをしてくれるというコトに対する当たり前の尊敬が失われています。

私もそう思います。
人がしてくれる事、それが有償であれ、無償ならなおさら、
ありがたく思う気持ち、、、
そういうのがごく普通にあったようにおもうのですが。

日本人のモラルはどこにいったんでしょうねー。
でも、アメリカにいると、それでも日本はとてもいい国だと思います。ぜひ、日本のいいところを守っていってほしいです、、、
ということは、日本をでてみないとなかなかわからないので、
若者たちにはぜひ一度短期留学とかしてほしいですね。
by pyonkichi (2007-11-17 16:15) 

ゆうまま

一般の人にはまだまだ医師の過酷な状況が理解できていないのだと思います。当直明けにフル勤務、って普通の感覚では想像がつきません。
一方で開業医の豪華な暮らしぶりのイメージは皆の頭にあるんですよね。
その辺の実態が明らかになれば、と思うのですが。。
by ゆうまま (2007-11-20 11:39) 

Delsole@顕微鏡屋さん

>>pyonkichi管理人さま
こんにちは、本当にご無沙汰いたしておりました。
ウチの子も上は4つ、下も1歳半なので2人併せて大怪獣です。
上の子はだんだん男の子らしくなってきて、乱暴になりつつありますし、下の子は笑顔でそこら辺の物を投げ散らします…(苦笑)

今回も他にコメントされていらっしゃいますが、いつも拝見していて思うこととして、一般人から見る『お医者さん』のイメージと、その実態は皆さんが思われていらっしゃるよりも、遥かに大きいような気がします。
私が昨年フットサルで足を骨折した際に通った個人医院では数年毎に超高級車が入れ替わり、ご自宅も素晴らしい大邸宅だそうです。
一般的なイメージの『お医者さん』はこのような『大金持ち』なんですよね。

大金持ち=強い者の構図を引くことによって、マスコミは面白がってその作られた構図をドラマチックに演出して、何かとお医者さんを叩きます。
また、見た目で判断する人たちは、お金持ちなんだから、何を言っても聞くべきだ、我々は弱者なんだ!と言う歪んだ自己主張を始めます。
お恥ずかしい話、かくいう私もこの業界で実態を知るまでは、そう思ってました…

大学病院で見かける皆さんの本当にしんどそうな表情。
何とかこの状況を多くの人に理解して欲しいと、私でも思います…
by Delsole@顕微鏡屋さん (2007-11-26 09:36) 

pyonkichi

ゆうままさま

コメントありがとうございます。
そうですね。おっしゃる通り、勤務医の勤務状況をみんなにわかってもらう必要がありますよね。



顕微鏡屋さま

おおー。ぼくちゃんたちは大怪獣ですね!
ところで、ゆうままさんや顕微鏡屋さんがいうような、
お金持ちの開業医の先生、は
もしかしたら古き良き時代の開業医の先生かもしれません。
いま現在は開業医さんもなにかとたいへんなようです。

>大学病院で見かける皆さんの本当にしんどそうな表情。
何とかこの状況を多くの人に理解して欲しいと、私でも思います…

ありがとうございます。皆にすこしずつでも知ってもらう事が大事かと思っています。
by pyonkichi (2007-12-03 00:44) 

skyteam

えっと、拙ブログで取り上げさせていただきました。後日報告になって申し訳ありません。
by skyteam (2007-12-19 00:24) 

pyonkichi

どういたしまして、skyteamさま
by pyonkichi (2007-12-20 04:30) 

地方の医師

逃げるのは簡単です。逃げても食べて行かれる職種だから。

現実に地方の最前線で仕事をするものは、「現場」にいない人から「絶望的な意見」を聞くとがっくりきますよ。後ろ向きな意見を書くだけで何もしない、だけどしっかり批判だけはする。たいていアメリカを賞賛して日本の医療を批判して希望はないと言う。
では日本の医療制度がアメリカ化すればよいというのでしょうか?
by 地方の医師 (2008-01-27 16:59) 

pyonkichi

おほほほほ、地方の医師さま

どこのだれが、アメリカを賞賛しましたでしょうか?
アメリカの医療なんてくそくらえですわよ。
ぜったいアメリカのようになってはいけません。患者の立場に立てば。

でも医者の立場としては、まだアメリカの方がまし、っていうことなんですよ。

あなたは、この医療事情に対して、なにかしておられるのでしょうか?
絶望的な気持ちを感じずに、このままでいいと思われますか?
わたしは切実に、このままではいけないと思っています。


なにもしていないわけではないです。
もしよろしければ、全国医師連盟準備委員会にご参加ください。

http://www.doctor2007.com/
by pyonkichi (2008-01-27 23:30) 

地方の医師

おほほほ・・・ですか。
あなたがどこ大学からアメリカのどこに留学されているどなたであるかを知っています。
しっかし、こういう高飛車な方だったとは・・・・。残念です。
by 地方の医師 (2008-01-28 08:36) 

pyonkichi

地方の医師さま

会話がかみ合ってないので、お返事してもしょうがないのですが。

私をご存知でしたら、このおほほほほ、はよくわかるはずなんですけどね。
by pyonkichi (2008-01-28 11:42) 

脳外科見習い

地方の医師さま

はじめまして。
僕も4月から地方に行きますが、
ただ日常の仕事をこなすだけで、
日本の医療システム改善に向けて
何も行動していない、批判すらしていない
先輩方よりもpyonkichi先生のほうが
ありがたく感じます。
いくら臨床の腕を上げようと思っても
この国のシステムでは既存の方法では
限界があるように思えます。

凄い活動をしていたらすみません。
by 脳外科見習い (2008-01-28 12:11) 

脳外科見習い

もう一つ。

地方の医師さまのような発想の方の影響で
日本の頭脳流出が助長されているように思えます。
by 脳外科見習い (2008-01-28 12:17) 

田舎の一般外科医

地方の医師さま

>「現場」にいない人から「絶望的な意見」を聞くと
> がっくりきますよ

私は「現場」にいる人間ですが,絶望的だと思っていますが,何か?

地方の医療は新研修制度で大学医局の求心力が低下したために崩壊しました.いままで,何も知らない学生を騙して入局させればよいと考え,根本的な問題解決を先送りしてきたツケがまとめて来ているだけです.

新研修制度は医局の垣根を取っ払い,学生・研修医にありのままが見えるようにしただけです.要は,ありのままを見た人たちが地方の大学医局に愛想を尽かしただけのことです.本来,ありのままを見られても,それでも人が来るように努力すべきだったのを怠ったためです.

学生や研修医を騙せばよいと考えている限り地方と都市の格差の状況は改善しません.
by 田舎の一般外科医 (2008-01-28 14:15) 

ダブルムーン

pyonkichi 先生

こんにちはー。

これは私の実感なのですが、、、、

医師たるもの労働条件の改善を訴えるなんておかしい!とかいっている医師は結構多いのではないでしょうか。

どうも過去に受けた洗脳が解けていないみたいで。

それでいて彼らも心の底では労働条件に不満をもっているのです。

地道に彼らの洗脳を解いてあげることも大切かもしれませんね。
by ダブルムーン (2008-01-29 07:37) 

pyonkichi

ダブルムーンさま、
こんにちはー。

>どうも過去に受けた洗脳が解けていないみたいで。
>それでいて彼らも心の底では労働条件に不満をもっているのです。

それはそうかも知れませんね。大学にいた時、そのように感じました。

で、「仕方がない」ってかたずけちゃうんですよ。自分の人生なのに。

男の人はとくに、体制に逆らいにくいのではないかと感じています。
by pyonkichi (2008-01-30 16:18) 

都筑てんが

水道トラブル5000円、トイレのトラブル8000円、んでもって、人の命を救うための心臓マッサージが30分2600円…。

風俗の性感マッサージだったら、1時間で数万円とかですよね。(行った事ないですが)

「命よりも大切な物はない」とか言っておきながら、命を救う行為に対する対価があまりにも低いこの国…。

本当に命が大切にされているのでしょうかね?
by 都筑てんが (2009-05-06 02:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。