So-net無料ブログ作成

あかたろうの、123の345 [子供]

先々週わたしがコラボのため、LAへ2泊3日で出張していたときの事。

私がいない、金曜日の朝、ぴょんちゃんは、ママが絵本を読んでいるのを録音してあるレコーダーをきいていた、とパパが言う。
ママがいないから、ママの声を聞きたいのかな、と思っていたんだけど、、、とパパ。

ところがどうやら違ったらしいのです。
なんとぴょんちゃんはレコーダーを聞いて、「予習」をしていたらしいのです!!

その金曜日、お友達と「お気に入りの物語」を話し合う日だったらしく、
みんなそれぞれ、「お気に入りのお話」を友達に話してきかせたと、後日、ぴょんちゃんは
私に報告してくれました。
で、なななんと、ぴょんちゃんは
「あかたろうの1、2、3の3、4、5」をみんなに話したというのです!

あかたろうの1.2.3の3.4.5 (おにのこあかたろうのほん 1)

あかたろうの1.2.3の3.4.5 (おにのこあかたろうのほん 1)

  • 作者: 北山 葉子
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 2000
  • メディア: -

「あかたろうと、ももたろうのお話をしたの」
えー!!!そんなむちゃべたな日本の絵本のお話、、、。
アメリカの保育園、みんな誰一人として聞いた事がないはず。
わかったのか???
「お友達はなんていってた?」
「good job」
「そうかー。みんなはどんなお話ししていたの?」
「シンデレラとかニーモとか」
そうだろうなーーーー。

いやあ、すごいぞ、ぴょんちゃん。
みんなに「あかたろう」と「ももたろう」のお話をするなんて、、、かっこいいじゃないか。
しかもレコーダーを聞いて、予習までして、、、、、。

うむ。ぴょんちゃんいかしてるぞ。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 3

元なんちゃって救急医

ぴょんちゃん すごい!

英語で話すんですよねえ、日本のお話を。
文化のギャップは、子供なら上手に越えられるかな?
by 元なんちゃって救急医 (2007-10-22 12:10) 

rinzaru

子供ってときどき親が感心することをしますよね~。

日本人がシンデレラとかに違和感がないように、アメリカ人も桃太郎に案外違和感ないかもしれませんね。
考えてみれば、アメリカ人が好みそうなヒーローの話です。
by rinzaru (2007-10-22 13:03) 

pyonkichi

どもども。コメントありがとうございます。

>なんちゃって救急医さま
そうなんですよ、日本語のお話を英語で伝えたみたいなんです。
でも「おに」って難しいですよね。
たぶん、日本語もチャンポンになった英語だったのではないかと。ははは。

>rinzaruさま

そうですよねー。こどもってすごいです。
きびだんご、とか鬼が島、とかなんていったのか??
たぶん、こっちはあまり伝わらなかったのでは??と思ってます。
でも、桃から生まれた、桃太郎、がつたわれば上出来かしら?
by pyonkichi (2007-10-24 09:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。